北海道地区市況は現行値圏で様子見が続きそうだが、亜鉛めっき鋼板類では強含み感も維持されそうだ。 冬場不需要期からの脱却が期待される時期だが、物件の端境期を迎えていることや新型コロナウイルスの影響から商いが萎縮傾向を見せていることもあって、荷動きは精彩を欠く。今後は新規の引き合いがどのタイミングで活発化するのか、注視が寄せられる。こうした中で...