二三次製品市況は弱含み調だろう。年度末とあって、一般鋼材と同様に荷動きは低調。亜鉛めっき鋼板類および普通線材製品類ともに、代わり映えがしない展開。 新型コロナウイルスの感染拡大が市場全体のマインドを気重くしている。一般鋼材市況がほぼ軟化していることもあり、先行きを不安視する向きが少なくない。 当初は、来月から再開発関連のプロジェクトの本格始...