銅・黄銅屑類市況は新型コロナウイルス感染拡大への懸念を背景に軟調含み。 電気銅建値は12日に前回比1万円安の62万円。足元では約2万円の下げ余地が生じている。大手黄銅棒メーカーは12日、黄銅削粉購入価格を前回比マイナス11円のキロ436円に改定した。 WHОのパンデミック宣言が世界に衝撃を与えている。「新型コロナの世界的な感染拡大からLME...