「需要は低調で先行き不透明感募る」――。全国鉄鋼販売業連合会(全鉄連)が2月調査時に実施した各地区の役員アンケートに基づき、地域別の景況や鉄鋼需要動向をまとめた。東日本(北海道、東北、信越、関東)と西日本(静岡、北陸、東海、関西、四国、中国、九州)をエリア別に紹介する。 【北海道】例年に比して丸棒の荷動きは非常に良くない。春需の見積もりも少...