北海道地区市況は、カラー鋼板で強含み感が広がりそうだ。 まだ冬場不需要期の様相が強く、市中の荷動きは一部地区や継続工事を除くと閑散としている。その中でも、徐々に新規物件向けの商談が具体化しており、春の立ち上がりに期待。特にカラー鋼板は、昨秋にメーカーは値上げを実施したものの、当地区では季節要因から市中への転嫁がずれ込んでいたが、新規の商い台...