長野県松本市など中信地区の条鋼製品は足元、横ばいで推移しており、場面によっては若干の弱含みが見られる。高炉材は収益改善を目指し、電炉材は主原料や商流の動向を反映し、静観している。 形鋼類はこれまでマーケットをけん引してきた建築向けは首都圏向けで一服感が見られる。商社案件は比較的安定的に流れている。五輪前の〝駆け込み〟需要は一部であり、首都圏...