アルミ合金屑は最大3千円値下がり。市中相場は新切サッシ(63S)=10万8千~11万3千円、機械鋳物アルミ=7万8千~8万3千円どころ。 指標となる大手二次合金メーカーと問屋間の原料価格交渉は新切アルミ1級など上物類を中心におおむね3千円値下がりで決着。しかし、一部で機械鋳物アルミなどスソもの類も下落が見られた。 海外アルミ市況の下落が響い...