電線大手メーカー各社の労働組合は18日夕までに、2020年春闘の要求を一斉提出した。古河電工労組は35歳標準労働者ベースで3千円以上、フジクラ労組と昭和電線労組は3千円のベアを求めた。住友電工労組の要求は組合員一人当たり、平均3千円相当の賃金改善。若年層賃金や高卒初任給、シニア層の基礎給与などに重点配分するよう求めている。 一時金については...