中部 中部地区の建築需要は踊り場局面となろう。ゼネコンが高力ボルトの入荷遅れを理由に一時受注を見送った影響で、中小案件を中心に建築案件が少ない。景気動向が見通しにくいため、投資が先送りされた物件もある。 これまで関東地区向けの案件を抱えて繁忙な加工に追われていたHグレードファブでも稼働率80%程度とさえない。ファブ各社は「来年度上期までは現行...