徳機グループで、4面ボックス大手の神栄鉄鋼(本社・兵庫県多可郡多可町、社長・塩谷秀和氏)は、老朽化対応および精度・生産効率向上などを狙いに大型バンドソー更新など設備投資として前期(20年1月期)で1億2千~3千万円を投じた。各種設備を最新鋭機に切り替えることで、安全対策の強化も図った。