実需レベルに大きな変化はないが、両品種とも価格面での方向感がつかみにくくなっている。特殊鋼の需要は低位横ばい。荷余り感が依然目立つ中で年度末に向かい、現行の市況がどう推移するか。ステンレスは仕入れ値高分の転嫁が依然として遅れている。諸コストの高止まりで流通の売り腰は総じて強く、地合いの締まった展開となる見通し。 特殊鋼は、需給が緩く各向け先...