東京鉄鋼販売業連合会(東鉄連)の形鋼部会(部会長・鈴木金光千代田鋼材専務取締役)がまとめた2019年12月調査(形鋼14社、軽量形鋼10社)によると、対象6品種の販売総量は前月比7・4%減の3万4394万トンだった。マイナスは3カ月連続。前年同月比でも6・7%減だった。在庫率も適正水準とされる2カ月を超え、悪化した。 12月の稼働日数は前月...