条鋼建材製品は弱横ばいで推移しよう。 異形棒鋼は横すべり商状。実需は本格化の途上だが、鉄スクラップ価格が騰勢を続け、電炉も売り腰を堅持する姿勢のため小じっかりとした値動きとなろう。 H形鋼やコラム、一般形鋼は安値寄りの展開か。ときわ会のH形鋼12月末在庫が前月を上回るなど、荷動きの停滞感が意識され始めている。1~3月は不需要期なため、少ない...