異形棒鋼は、鉄スクラップ市況の上伸で、6万円割れの安値は消えたが、相場全体が押し上がるまでには至っていない。先行き不透明感からゼネコンの購買姿勢は慎重だ。 H形鋼は、高値は通りにくく、徐々に安値に寄る相場展開。ただメーカーの値上げ意向で、流通は現状の安値をさらに下げることに抵抗感が強い。荷動き鈍化で、在庫は歯抜けが解消しているが、適正水準を...