最近読んだ本の中で心に残ったのは、渋沢栄一の「論語と算盤」。論語つまり倫理理想と商い(金儲け)は一見相反することのようだが、突き詰めていくと本質は同じということ。倫理的に正しいこと、社会に役立つことをしなければ、一時的には金儲けをすることができても永続できないということを教えている▼渋沢栄一は以前にも紙幣の肖像画として候補に挙がったことがあ...