神奈川県内における溶接鋼管類は年明け以降も荷動きは閑散としており、高炉品、専業品ともに依然弱含み基調の推移が続く。 地場の一般土木・建築関連は新規案件が少なく、扱い筋は小口短納期のスポット案件への対応が中心。自動車や建産機向けの需要も低位で、加工業者の稼働率は依然として前年同期に比べ10%強程度落ちている。 価格もメーカーの強気姿勢が変わら...