科学技術振興機構(JST)は、関西学院大学と大阪大学及び大型放射光施設SPring-8の共同研究グループが、光を照射することで水を分解して水素を発生させる新しい多孔性物質の開発に成功したと発表した。 これまで合成が困難とされてきた硫黄を含む金属―有機構造体(MOF)の新材料で、従来知られていたMOFでは実現困難な電気伝導性や触媒特性が発現す...