品種間で温度差があるが、荷動きは昨年末以降総じて伸び悩んでいる。これ以上実需が落ち込むことはなさそうだが、足元ではファブ向けの小規模物件で多少動きが見られる程度だ。荷足が鈍くSNなど規格材の在庫水準が高い中でも、なお現行値を維持する動きが中心を占めるものの、数量確保を狙った安値販売が発生している。 目先も同様の状況が続きそうな反面、春先には...