社会人になった年から数えると折り返し。まだ会社への貢献も必要で、プライベートは体が動くうちにできることを考える良い節目かもしれない。 子どもが小学生の時は少年野球の指導者、高校生となった今は審判員で少しでも恩返しできればと引き続き協力している。 知らないことへのチャレンジ、何かに打ち込むことは生涯通じて続けたい。 自分は学生時代にスキー、社...