【問(1)】 薄曇りところにより晴れ 18年夏頃から19年夏頃にかけて関東を中心に堅調な需要環境で推移し、一部では受注案件を同業に委託し納期に対応する動きも散見されたが、秋口に入ってからは全国的に一服感が広がってきた。亜鉛地金がここ数年の高値圏から落ち着き、収益改善に向けた道筋が付きかけたところで、需要が端境期に入った印象がある。各社とも絶...