【コリアスチール・ニュース特約】中国・包頭鋼鉄は、2月積み韓国向け溶融亜鉛めっき鋼板(GI)の輸出価格をトン当たりCFR595ドル(1ミリもの)でオファーした。前月から40ドルの値上げとなる。 冷延業界筋は「11月のオファー価格が据え置きだった包頭鋼鉄が大幅値上げを提示したのは、11月末からの国際市場上昇が原因」としている。熱延鋼板の価格が...