受注量は想定ほど増加していないが、都市再開発や国土強靭化、災害復旧、リニア新幹線、大阪万博などさまざまな案件があるため数量に関して決して悲観はしていない。一方、コスト面では電極や輸送費などが高止まりする中、鉄スクラップ価格が昨年10月ごろを底値に上昇している。足元は数量減に伴い生産性や諸原単位の悪化に苦しんでいる。昨年、生産性に応じた販売価...