カラーガルバリウム鋼板は強横ばいで新年を迎えた。昨年、原板高から表面処理鋼板メーカーが値上げを打ち出してはいるが、新値浸透は容易ではない。需要低調で出荷が鈍く、当用買いで十分間に合う。こうした状況から旧値玉消化は進まずしばらく旧値が市場に残るだろう。 昨年はコロナ禍で新築・リフォーム市場は冷え込んだ。第三波の影響で12月は一層落ち込み、内装...