薄中板は店売りマーケットにおける品薄状態が続いておりナイモノ高の様相となっている。商社やコイルセンターでは汎用的な品種やサイズの補充が間に合っておらず、引き合いに応じきれずにいるようだ。 メーカーも減産下でロールがタイト化しており店売り向けの引き受け調整を継続。輸入玉も入着量が少ない。 実需そのものは相変わらず盛り上がりに欠けるが、仮需ムー...