今週の北海道地区一般鋼材市況は連休明けの本格的な商い再開に伴い、各品種ともに現行値を維持したまま様子見となりそう。 新年度入り後も中小建築や土木向けの荷動きは伸び悩んでいる。ただ、この時期としては想定の範囲内で、今後の新規需要動向に期待感が強い。異形棒鋼は鉄スクラップが軟弱地合いで推移しているが、副資材や配送費など各種コストアップにより地場...