日本鉄鋼連盟は7日、メキシコ政府が日本製厚板に対する反不当廉売(AD=アンチ・ダンピング)調査で「クロ」の最終決定を下したことについて、「不適切と言わざるを得ず遺憾」とする北野嘉久会長コメントを出した。 同連盟によると、日本の鉄鋼業界は、メキシコ政府の調査に対し、日本の厚板輸出がメキシコ国内産業に損害を与えた事実はないと主張していた。鉄鋼業...