ロールコラムメーカーが価格堅持の姿勢を鮮明にしている。ロールコラムのボリュームゾーンである中小鉄骨造は高力ボルトの不足などによる工事の遅れを背景に「例年よりも需要の落ち込みが大きい」(メーカー筋)とされ、荷動きが鈍化している。ただ、素材価格の上昇が見込まれるなどコストアップ要因は多く、下期の需要期に向けてメーカーは価格重視の姿勢を貫く方針だ。