田中貴金属工業は、1~3月の投資用金地金、プラチナ地金の取扱量を公表した。金地金は販売量が前年同期比32・8%減の4028キロ、買取量は同51・4%増の8041キロとなった。買取量は期間内最高値を記録した2月に大幅に増加し、前月比で約2倍の4トン超の買取量を記録した。一方、プラチナ地金は販売量が同33・5%減の1599キロ、買取量が同11%...