規格の運用ルール未整備による悪影響 各電炉メーカーもスクラップ原料購入の際に、「雑品スクラップ」の混入に注意して受け入れを行っているのだが、受け条件の物差しとなるJIS規格の基準があいまいで判定方法も決まっていないという状況である。電炉メーカーの受け入れ検収員や供給元であるスクラップ加工会社も経験と目視によって判断するため、属人化や不純物の混...