新元号は「令和」。元号に用いられる漢字は「永」が26回で最多だそうだが、「和」も20回と多い。聖徳太子がつくったとされる十七条憲法に「和を以て貴しとなす」とあるように、和は日本人が大事にしてきた価値観の一つなのだろう▼「令」は前例がなく、「命令」など強いられるイメージもあるが、令嬢・令息など「良い」という意味もあり、出典となった万葉集でもこ...