――鋼材市況について伺います。リーマンショック前の好況期に「10万円時代」を迎えました。平成エポックの一つですが、あの頃はどう受け止めていましたか。 「当時の世界的な原料インフレを受け『鉄の値段が新たなステージを迎えた』と大方が受け止めていた。メーカーが『万円単位』で値上げし、われわれ流通も資金繰りや客先与信を注意しながら仕入れと転嫁値上げに...