一部伸線メーカーが値上げを進めているが、流通、需要先への浸透は鈍い。他メーカーが値上げに追随せず、様子見姿勢を貫いていることが原因だろう。一方で軟調気配も乏しい。市中では現行値横ばいムードが支配的だ。 需要は公共関連向けが年度末で一服し、4月以降はコンクリート二次製品向けが端境期となる。4月以降にずれ込んだ案件もあるため、全くの閑散状態にな...