ロシア高炉大手4社の2018年12月期連結決算が出そろった。昨秋まで鋼材市況が高値を付けていたことから各社とも増益となり、資源事業を持つエブラズは増益幅が特に大きかった。今後は各社とも積極投資と露国内での拡販を進める計画だが、内需が思うように伸びなければ将来的にはアジア向け輸出が増える可能性もくすぶる。