北海道地区は季節要因から実商いの低迷が続き亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品ともに現行値圏で推移しそう。 冬場で建築・土木施工が限定されるため、市中の荷動きも契約残の小口当用物が動いている程度。しかし、春先へ向けて新規物件に関する動きも出始めるため、動向に注視が寄せられる。一方、冬場不需要期を利用した展示会や総会が全道で相次ぎ開催されており、メ...