異形棒鋼は原料市況が下げ止まらないが、メーカーは価格重視の構え。新規引き合いが振るわず、中小ゼネコン向けに一部安値もあるが、相場は崩れていない。 H形鋼は需要が年明け後も堅調で、一次加工は引き続き繁忙状態。ボルトやコラムの手当て難で、中小物件の工事の遅れが懸念される。 アングル、チャンネルなどの一般形鋼は、二三次店や地方筋向けの仲間販売は落...