次世代交通システムとして期待される自動運転支援システムが、空港内でも円滑で安全な顧客輸送にも役立つ―愛知製鋼(社長・藤岡高広氏)など6社が連携し、2020年以降に空港で自動運転バスを実用化する実証実験が、羽田空港(制限区域内)で佳境を迎えている。同社の高性能磁気センサ(MIセンサ)を装備し、道路上に埋め込んだ磁気マーカを正確に探知。車両位置を...