昨年来、世界の政治・経済を取り巻く環境は保護主義の流れが強くなり、日本を含む国際的な鉄鋼需給のバランスも影響を受けつつある。一方、国内でも深刻な人手不足が全産業共通のボトルネックとなっている。 今年は米中貿易摩擦や消費増税などの懸念もあるが緩やかに成長すると思われる。流通業にとってはリーマンショック以降、希薄化していた在庫や加工、輸送といっ...