SC材(機械構造用炭素鋼)はS45C=12万円どころ中心で横ばい。 需要環境はあまり変わらず、足元の荷動きは堅調。4月以降の需要環境に対する不透明感は強まっているが、目先に大きな変化が起きることはなさそう。需要堅調を背景に需給タイト感が持続し、販売堅調の状況下で市況は横ばい基調を保っている。SC材など構造用鋼の需給タイト感は軸受鋼ほどではな...