昨年は景気拡大期間が「いざなぎ景気」を超え、戦後2番目の長さになった。1月まで拡大が続けば戦後最長を更新する。北陸地区でも全業種が好調に推移し鉄鋼需要に波及。2019年も基本的にこの好調さが持続するとみられているが、業種によっては失速を懸念する声も出始めている。地区鉄鋼関係者の話をもとに、平成最後の節目となる今年の展望をまとめた。(藤田 英介)