昨年の普通鋼電炉業界を取り巻く需要環境は、品種・地域などで若干異なるものの、建設向けを中心に総じて好調だった。この状況は今年も継続すると考えている。 しかし、コスト環境は、鉄スクラップが高止まりする中、中国での電炉生産増加を受けた急激かつ大幅な電極の価格上昇、耐火物その他副資材の高騰、さらには物流費・エネルギーコストの上昇を受け、厳しい状況...