帯広市を中心とした十勝地区は新規の物件動向に不安感はあるものの、冬場入り後も一定の荷動きは維持されており、市況面でも札幌圏にスライドして多くの品種で先高の展開が続いている。 コロナ禍で需要の伸び悩み感は見られるが、農業関連などの需要基盤に支えられている同地区は道内他地区とは違って落ち込み幅は小さい。建築関連はいまひとつの感じが否めないが、好...