北海道地区の二三次製品は鋼板類、普通線材製品ともに横ばい調で推移しそう。春の立ち上がりが鈍く鋼板類、普線製品とも荷動きは盛り上がりに欠けている。その中でカラー鋼板は、ひと頃までは需要不振で売り焦り感台頭の懸念も見られたが、扱い各社の採算意識が高いこともあって、引き続きしっかりとした基調を維持しており、強含み感も散見。普線製品は輸入品や他地区...