脱炭素社会実現への動きは活発化し、事業活動を行う上でも最も重要な要素の一つとなった。環境面はもちろん、サーキュラーエコノミー(循環経済)を実現し有限の資源を効率的に利用することで、世界で約500兆円の経済効果が見込まれると環境省の白書でも指摘される。建設業界でも脱炭素化の推進が加速しているが、一度活用した資材を再利用するエコな重仮設業は先駆的...