JX金属の創業の地である日立鉱山。ここで100年以上も前から現代のCSRやESGにも通じる、地域との共生、環境保護への取り組みが実践されていたことを伝えるのが「大煙突」だ。 1905年に創業した日立鉱山は、日本の近代化に伴う銅需要の急増もあり、急速に事業を発展させた。だが、銅生産の拡大に伴い周辺地域で亜硫酸ガスによる煙害問題が深刻化。そこで...