大洋商事(本社・東京都中央区、社長・北信一氏)が山大機工として産声をあげたのは1947年10月。創業者の故波多野毅男氏は三菱商事の金属部鋼材係長だったが、財閥解体で発足した新会社、丸の内商事に行かず、一人で身を立てる覚悟を固めていた。その波多野氏のもとに金属部、機械部の有志を含む創業メンバーが集い、12人で旗揚げした。 波多野氏はのちに「海...