新潟地区の鉄スクラップ市況(H2)は動意なく横ばい調。湾岸向け、上級品種の引き合いが強く、ヤード業者は「向け先、品種によって市況に格差が出始めている」と指摘する。今後、電力ピークカットによる夏季減産もあり、足元は様子見ムードとなっている。 形鋼類、厚板類は今月に入りさらに強基調。地場中堅鉄骨ファブは早めのロール手当てと市中手当てを併用しなが...