東北地区市況は亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品ともに強含み。 亜鉛めっき鋼板類はメーカー再値上げと品薄感で「特に大型物件の手配が難しくなっている」(扱い筋)。ウッドショックでプレカット工場では物件を回避し始める動きもあり、非住宅木造施設の着工遅延による荷動き鈍化懸念も。 普通線材各製品は、需要復調の動きが緩慢。価格転嫁を下支えるまでの勢いに乏...