東北大学金属材料研究所は、燃料電池の高効率化の鍵となる酸素極の合金触媒能を向上する機構を解明したと発表した。ブラッグコヒーレント回析イメージング(BCDI)と呼ばれる手法を用い、合金触媒粒子に内在する歪を可視化することに成功し、触媒表面近傍の歪が触媒活性に大きく影響することを明らかにした。同成果は高効率な合金触媒の合理的な材料設計に貢献する...