岡山県の一般鋼材市況はメーカー主導の強含み調が続く。4月以降、商いは若干回復傾向が見られたが勢いは弱く、全体に盛り上がりに欠ける。荷動きが伴わない中でメーカーの大幅な販売価格改定を受け、流通各社は仕入れ値高転嫁を迅速に進める必要に迫られている。薄板、厚板といった鋼板類のタイト感は特に強く、品ぞろえに苦労する場面も。建築案件は大型工事が順調に...