亜鉛めっき鋼板類は強含み。特約店筋の手持ち在庫が新価格に切り変わりつつある。メーカー販価上昇分の転嫁を推し進める。厚番手、薄番手ともに需要がさえない。板金業者では、施工単価が下落。すぐに新価格が受け入れられる環境ではない。 普通線材製品も上伸基調。母材価格の上昇分が需要家段階にまで浸透しつつある。需要が伴っておらず転嫁に苦慮する扱い筋が多い...